編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

エディット・メールマガジン/バックナンバー

新年あけましておめでとうございます

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…………‥‥‥‥
■新年あけましておめでとうございます。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。
                              2017.1.5
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…………‥‥‥‥

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

三が日は快晴でした。とても心地よい一年の幕開けとなりました。
みなさまは,新年をどのようにお過ごしでいらっしゃいましたでしょうか。

今年は酉年です。「酉」は,酒を醸す壺の形から,「熟成や実りを意味す
る」とされているようです。初鶏・初鶯・初雀・初烏など,新年を寿ぐ季語
が「鳥」にはたくさんあります。

年始の風物詩のひとつ,センター試験が1月21日・22日に実施されます。
昨年の12月25日朝日新聞に『センター試験直前 どう過ごす』という記
事がありました。その中で,東京大学薬学部の池谷裕二教授のコメントが印
象的でした。

タイトルは,《「思い出す訓練」カギ》です。

「記憶の定着は,どれだけ知識を詰め込むかよりも,必要なときにどれだけ
思い出せるか――がカギになる」

とのことでした。

このことは,編集者にとって必要になるスキルではないかと考えます。また,
エディットがこれから新しいことを挑戦していくときに必要な《武器》とな
る考え方ではないかと感じました。

これまでにエディットが培ってきた

【編集スキル・ノウハウ】
【ライターや執筆者とのつながり】
【デザイナーやイラストレーターとのネットワーク】

を,もう一度見つめなおす《脚下照顧(きゃっかしょうこ)》の精神で,こ
の一年を前進してまいりたいと考えております。

酉年にふさわしい熟成や実りを,縁起のよい鳥たちの鳴き声を,みなさまと
ともに享受できますよう,前に前に進んでゆきたいと考えております。

本年もエディットをよろしくお願い申し上げます。

(文責:名古屋本社・企画ソリューション部 伊藤隆)