編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

エディット・メールマガジン/バックナンバー

「出版ネッツフェスタ2017」に参加して

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…………‥‥‥‥
■「出版ネッツフェスタ2017」に参加して
■第3回エディット社内大学 研修レポート          2017.6.15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…………‥‥‥‥
名古屋は梅雨入りをして,一週間ほどが過ぎました。
いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。
今回は,「出版ネッツフェスタ2017」の見学レポートと,第3回「エディッ
ト社内大学」研修レポートをお送りいたします。
よろしければ,最後までお読みいただけますと幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「出版ネッツフェスタ2017」に参加して
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先月5月26日,27日の2日間,ウィング京都で行われた「出版ネッツフェス
タ2017」を見学するために,私は京都へ出向きました。

「出版ネッツ」には,エディットでいつもお世話になっているフリーランス
のかたが大勢いらっしゃいます。
ライター・編集者・校正者・イラストレーター・装丁家など,さまざまなク
リエイターの皆さんが,各自のPR空間を工夫され,今までの実績や強みを
積極的にアピールされていました。

1日目となる5月26日の晩には,「出版ネッツ」に所属するクリエイターの
かたを中心に,見学者・参加者との「名刺交換会&親睦会」が行われました。
会には,私たちのような編集プロダクションや出版社のかた,「出版ネッツ」
に所属されていないクリエイターのかたなどがいらっしゃいました。

参加者は総勢70名ほどで,およそ2時間半にわたる,和気あいあいの懇親の
場でした。

積極的にご自身をPRされるかたとの会話・交流の場,
久しぶりに会うクリエイターのかたとの再会・親睦の場,
参加者どうしがお互いに知り合いを紹介し合う,新しいつながりの場
など、私も積極的に参加させていただきました。

いろいろな可能性を含む,とても有意義な会であったと思いました。

会場からほど近い「京都・錦市場」から取り寄せた各種のおいしい食材に,
参加されたかた全員が舌鼓を打ち,たくさんのかたと交わす楽しいお話を肴
に,お酒に酔いしれた,充実した時間は,午後8時にお開きとなりました。

その後,有志20名ほどで二次会が開かれ,私も参加させていただきました。
お世話になっている皆さんと,久しぶりにゆっくりお話することができて,
とても満ち足りた時間を過ごすことができました。

両日とも,本作りや編集実務に役に立つ「セミナー」がいろいろ開催され、
私は「関西校正勉強会」と「編集スキルアップ勉強会」に参加しました。
豊富な資料と,講師のユーモアと説得力のあるお話に,編集ノウハウのイン
プット・充電が大いにできました。

●「出版ネッツフェスタ2017」
<<< http://union-nets.org/?p=4828

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■第3回/エディット社内大学
「お客さまと心を繋ぐ!接遇マナー研修」
講師:山田千穂子氏(株式会社おもてなし道 代表取締役)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
エディットでは,月1回のペースで,「エディット社内大学」と銘打って,
各種の社員研修を行っていますが、今回の第3回/エディット社内大学は,
「ビジネスマナー」をテーマに、6月13日(火曜日)の13時30分〜16時30分、
およそ3時間の研修でした。

講師の山田千穂子氏は,
「ビジネスマナーは,日々の生活の中で実践する考え方,生き方そのもの」
といわれました。

「ビジネスマナー」は,新入社員や若い世代だけが学ぶものではなく,どの
ような世代・境遇にあろうとも,すべての人において必要となる,気づかい・
心づかいとして身につけたいものです。

社会人としての「マナー」を考えるとき,単に形式的な手法を身につけるだ
けではなく,心と心のつながりを深めるための「型」として学ぶべきである,
というとらえ方が,山田先生の根本姿勢です。
言い換えれば,相手のことを大切に思う心,すなわち「おもてなしの精神」
があってこその「マナー」であるという考え方になります。

研修は,山田先生からの解説を一方的に聞くだけのものではなく,「挨拶は
どうしてするものですか。となりの人と1分間,話し合ってみてください」
といった問いかけがたくさんあり,お互いに自分たちで話し合うなかで答え
を見つけ出していく研修でした。

お客さまとの信頼関係を厚くするためのビジネスマナーには,「お客さまへ
の態度」がいちばん大切だといわれます。

具体的な例で言えば、
・面前の人とのやりとりは,笑顔であること。
・電話越しなら,笑顔がイメージできる声を発すること。
 →声にも顔の表情が表れるので,笑顔で話すようにする。
・対面するときの挨拶は,「笑顔→言葉(おはようございます)→お辞儀→
 アイコンタクト(あなたのことを大切に思っていますよという目線)」と
 いう手順で進めていくこと。
・応対するときは,相手が心地良いと感じる言葉を使うこと。
 →命令口調にならないように,適度に「クッション言葉」を挟む。

それらの態度・姿勢をもとに,
・「お出迎え」「受付」の対応の仕方
・お茶の出し方
・電話応対のマナー(電話のかけ方・受け方)
・E-Mailの書き方
・社内メールと社外メールの,それぞれで気をつけること
などを教えていただきました。

研修を通して,私は、次の反省点が見つかりました。
・整然と立っているつもりでしたが,顎がすこし上がり気味なところ。
・発音練習のなかで「お綾や 母親に お謝りなさい」が正確に発音できず,
「おはようございます」もきちんと言えていないことに気づきました。
・声に抑揚がなく,少し滑舌が悪いところ。
などです。

研修の終わりに,山田先生からは,
「問題点を見つけたら,意識して改善していくことが大切です」と言われま
した。

日ごろ,お客さまとやり取りをすることの多い私ですが,今回学ばせていた
だいたことを糧に,お客さまから「信頼できる人物」だと思っていただける
ように,さらに頑張ろうと思いました。

★講師:山田千穂子(やまだ・ちほこ)氏
《プロフィールと会社のホームページ》
プロフィール:http://www.omotenaship.co.jp/profile/
ホームページ:http://www.omotenaship.co.jp/

(文責:名古屋本社・企画ソリューション部 伊藤隆)