編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

エディット・メールマガジン/バックナンバー

「AJEC/第3回編集教室」聴講レポート

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…………‥‥‥‥
■「AJEC/第3回編集教室」聴講レポート              2017.8.9
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…………‥‥‥‥
先日は大きな台風が日本列島を縦断しました。
皆さまのお住まいの近くは,被害などはなかったでしょうか。

炎暑・猛暑の候,いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。

今回は,「AJEC/第3回編集教室」の聴講レポートをお送りいたします。
また,エディットの夏季休業日のお知らせをさせていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■AJEC/第3回編集教室(主催:日本編集制作協会)
「どこに工夫があるのか?−重版率の高い直販ルートの本作り」
      講師:株式会社PHP研究所 教育出版部 部長  新居 久美 氏
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7月27日(木)夕方6時半より,市ヶ谷にあるDNP PLAZA 2階イベントゾー
ンにて行われた,新居久美氏の講演を聴講しました。

創業70年というPHP研究所には,大きな二つの柱として「再販部門」「直
販部門」があります。
今回お話いただいた新居久美さまは,「直販部門」の家庭向け生協ルート・
無店舗形態の出版事業に関わられています。

宅配サービスのためのチラシは,毎週顧客に配られるようで,そのチラシに
取り上げられる書籍は,PHP研究所の営業部門から,取次を通して,バイ
ヤーに提案し,バイヤーによって,採用内容が決定されるということです。

再販部門よりも,重版のかかることの多い直販部門の特徴として,
・読者層を「40代・主婦」に絞った点
・「主婦の悩みがなくなるお手伝いをする」を念頭に,レシピ本・健康・心
理テスト・子育て・教育をテーマにした企画を心がけた点
・モノによって,チラシに「書店では販売されていません」と入れている点
と言われていました。

さらに,新居さまからは,
・生協ルートを作り上げるまでの苦労話
・いま取り組まれている「制販一体」で企画が具体化するまでの流れ
・「ペルソナマーティング」という手法の実践例
・読者アンケートの裏話
……など,さまざまなお話を聞くことができました。

私がいちばん興味深かったのは,世の中の不思議をじっと観察して「企画の
種」を見つけ出されているところでした。

具体例として2つほど挙げられました。

「家庭用電動ノコギリ」がとても売れているようです。
《それはなぜなのか》と考えられます。
一般的には「DIY(自作)が普及したから」ととらえられますが,メーカ
ーのリサーチでは,家庭ごみを大きなままで出すと「有料」になるために,
大きなごみを小さくして「無料」にするため,「電動ノコギリ」を使ってい
るということが分かったのだそうです。

また,良く売れている『小学生のことわざ絵事典』は,もちろん核となるタ
ーゲットは「小学生」ですが,意外に年長者のかたが購入することが多いよ
うで,そのことは読者アンケートから分かったそうです。
「昔を懐かしみながら,大きな字で読もうと思うようになった」といった感
想が多数寄せられて,このことから,メインターゲット以外のターゲットを
発見することができたのだそうです。

これらのことから,日常生活のあらゆることにアンテナを張り巡らせ,制作
者とは違う立場の人の意見を聞くことの重要性を感じるのでした。

新居さまをはじめとした教育出版部の皆さんの,地道で着実な日ごろの努力
が,ロングセラーを数多く出される秘訣に違いないと思うのでした。

(文責:名古屋本社・企画ソリューション部 伊藤隆)