編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

エディット・メールマガジン/バックナンバー

今年一年たいへんお世話になりました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…………‥‥‥‥
■今年一年たいへんお世話になりました           2017.12.27
●エディット年末年始休業日のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…………‥‥‥‥

今年もあと数日で終わろうとしております。
今年も,一年ほんとうにお世話になりました。

先週は年末のご挨拶で,お世話になっている版元様を中心に訪問させていた
だきました。
訪問させていただくお客様ごとに,それぞれ学ばせていただくことがありま
した。
今回特に学ばせていただいたのは,デジタルの力を借りてきめ細やかな校正
が可能である,ということです。

あるシステム開発会社の方とお話することがあり,話をうかがいながら感じ
たのは,デジタルの力とアナログの力をバランスよく組み合わせることで,
時間とコストを抑えつつ,一定のクオリティーを維持することができるのだ,
ということです。

たとえば,多ページの書籍を短期間で用語統一する場合,漫然とチェックを
していたのでは,見落としが出てしまいます。
そこで,「短期間に確実なチェックをする」ための方法を考え直してみます。

デジタル校正は,「短期間に確実なチェックをする」ひとつの方法です。
デジタル校正の結果として,統一を図るべきところが色分けされたり注記さ
れますが,そのフィルターによる指摘箇所を,校正者のアナログ的判断で一
つ一つ丁寧に確認していくというものです。

ここで大切になるのは,デジタル校正では,統一すべきところの指摘にとど
めるということです。

もちろん緻密なフィルター・チェック機能も設定可能なのでしょうが,そう
させるには,多くの設定を構築するため,コスト感が高くつき新たな障壁が
生まれます。

コスト感,作業分担,日程感などを総合的に捉え,「編集者の視点」と「シ
ステム開発者の視点」をうまくかみ合わせて構築された,デジタルチェック
機能は,今後とても役立つ方法になるのではないかと感じました。

そのあたりのことを,来年の課題にしながら,皆様により良い提案ができる
ように頑張ってまいります。

今年一年エディットは,皆様のおかげで何とか一年を過ごすことができまし
た。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

(文責:名古屋本社 伊藤隆)