編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

第1章 編集者ってどんな職業?

2.みんな全員がエディターだ

『エディターシップ』
screenshot

人生は一度しかない。自分の持っているあらゆるエネルギーを使って,一日一日を生きていきたい。そのためにはどうしたらいいのだろう。私は「生きることは編集そのものだ」といつも学生たちに言ってきた。出版社や雑誌社に入らなくても世間で言う「編集者」という職業に付かなくても編集のあり方を学ぶことはとても大切なことだと思っている。

私の好きな評論家に外山滋比古という人がいる。彼の文章は国語の教科書や高校の入試問題によく出てくるので知っている人も多いはずだ。彼の著作に『エディターシップ』という本がある。私が編集者に成り立てのとき感動して読んだ本の一つだ。少し難しくなるが彼の編集論を紹介しておこう。

「人間の営みは何ひとつとしてエディターシップによらないものはないように思われる。人間文化はエディターシップ的文化以外の何ものでもない。われわれはすべて自覚しないエディターである。」

彼の考え方は編集という行為をある特定の職業の特別なノウハウと見るのではなく広く人間の知的活動の原理・あり方としてとらえる見方であり私のもっとも気に入った編集論である。ぜひ一読を薦めたい。