編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

第2章 知っておこう,本づくりの流れ

5.本格取材−−納得のいくまで

本づくりは取材活動から
screenshot

編集会議でおおよその方向性と内容が決まると,いよいよ本格的な本づくりが始まる。その一歩がテーマに関する資料や情報をできるだけ多く集める作業だ。その方法として,資料取材,人物取材,現場取材などがある。

資料取材では一般に図書館に行くことが多い。図書館は過去の知識の宝庫だ。てっとりばやく基礎知識を身につけ,類書などの調査をするのにもってこいの場所だ。一般の図書館のしくみや図書の分類法の知識に加えて,いくつかの専門図書館の中身や所在地を知っておいてほしい。雑誌編集者がよく利用する「大宅壮一文庫」は世田谷区八幡山にある。

編集者にとって最新の情報が入手できるのは,人物取材と現場取材である。人物取材はまずそのテーマにいちばん詳しい人を見つけることから始まる。図書館や書店・新聞・業界紙などから情報を得る。取材方法はインタビューが多いが,事前の資料取材が役に立つ。現場取材は生の臨場感があり,ルポルタージュ(現地報告)として,読者を感動させる。

いずれにしても自分が納得するまでくりかえし取材することがポイントだ。