編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

第2章 知っておこう,本づくりの流れ

6.原稿依頼−−書き手の意欲を引き出す

テーマに合った書き手(著者)を見つけよう!
screenshot

いい著者を見つけ,育て,自分の思った以上の原稿を書いてもらう。これが編集者の最大の仕事だ。いい著者を見つけるには日ごろから情報を集め,人のネットワークを作っておく必要がある。「著者を育てる」とは著者の魅力・能力を引き出すことだ。そのためには著者と長く付き合い,彼をよく知ること。編集者自身もテーマについての知識に加えて人間的な魅力が必要だ。著者と友達になれたら最高である。

原稿依頼のポイントは著者に「よし!書こう」という意欲をもってもらうことだ。そのためにまず依頼するテーマ・内容をきちんと伝えること。企画書の主旨と出版の意義を著者にしっかりと理解してもらうことだ。また,書いてもらうためのいくつかの資料や情報を用意することも編集者の仕事だ。

初めての著者には,まず手紙で企画書を添えて原稿を依頼したい主旨を伝えることが望ましい。手紙を出したあと,しばらくしてから電話で書いてもらえるかどうか打診をする。誠意をもってていねいに対応しよう。とりあえずOKが出たら,相手の希望する日時と場所できちんと面談して,出版の主旨を説明する。

新しい著者は君の財産だ。大事にしよう。