編集プロダクション エディット|教材編集・資格書編集・一般書編集

第2章 知っておこう,本づくりの流れ

10.図版・イラスト手配−−ねらいを明確に

理解を助け,紙面を楽しくする図版やイラスト
screenshot

文章・写真のほかに「図版・イラスト」といったものも本づくりの大事な原稿である。図版やイラストは本の内容の理解を助け,紙面を楽しくしてくれるものだ。「わかりやすく楽しい紙面づくり」は編集者の仕事である。

文章原稿ができあがったら,図版・イラストの手配を考えよう。

図版には実物図のほかにマーク・ロゴなどのデザインものや地図グラフなどがある。イラストには内容やイメージを具体的に説明する「挿し絵」のようなものや視覚的・デザイン的なねらいの「カット」や「キャラクター」といわれるものがある。イラストも図版の一種である。

図版・イラストとも専門家に依頼する場合が多い。

まず文章原稿をよく読んで,どんな図版やイラストを描いてもらうのか,1点1点の主旨をはっきりさせることが大切だ。とくに図版については,数量のデータ必要な資料作品のイメージ見本などを用意する。イラストは線画ハイライト(濃淡のある)仕上げか,また何色で描いてほしいかなどをはっきりと伝えなければいけない。事前にレイアウトが決まっていれば,サイズもきちんと言っておこう。